スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いわて銀河100Km年代別入賞の表彰状・副賞が届きました

今日自宅に帰ると、先日走ったいわて銀河100Kmで
シニア50代2位入賞の表彰状と副賞が届いてました。

<表彰状>
IMG_0059_convert_20110624222026.jpg

<副賞>
IMG_0061_convert_20110624222146.jpg

<副賞1:ザムスト キネシオロジーテープ>
IMG_0062_convert_20110624222229.jpg

<副賞2:小岩井農場バターケーキ>
IMG_0063_convert_20110624222309.jpg

年代別とはいえ初入賞です。
公式ページのリザルトで50代で2位だったことは知ってましたが
表彰状・副賞がもらえるとは思いませんでした。
正直うれしいです。

<新横の雅 激走フォト>
iwate100_01_convert_20110624234238.jpg
iwate100_02_convert_20110624234314.jpg
iwate100_03_convert_20110624234348.jpg


スポンサーサイト

【完走記】いわて銀河100Kmチャレンジマラソン その3

55-60-65Km
26:49(4:25:23)-27:35(4:52:58)-24:29(5:17:27)


中間点を過ぎ、しばらくすると駅伝ランナーに抜かれました。
先のエイドが第4区のスタート地点ですので勢いが違います。
すぐ後から大会関係車が通り、後ろの窓から大助師匠が何やら
駅伝ランナーに声を掛けています。どうやら抜いていったのは
吉本チームです。あっという間に見えなくなってしまいました。

前のエイドのトイレでスッキリしたので落ち着いて走れる
ようになりました。次の57.5Kmエイドまで長いトンネルを
含めて上りですが、苦しくはありませんでした。
ペースは落ちてきていましたが景色を見る余裕もありました。

トンネルは涼しかったのですが、外は既に温度が上がり
暑くなってきました。各エイドにはかぶり水と呼ばれる
ポリバケツに水を入れて大きなひしゃくで水を頭や体にかける
ことができるサービスを用意しています。

暑さ対策にはこれが一番ですね。ひしゃくで頭から水をかけると
大変気持ちよく気力も回復しました。
57.5Kmのエイドから最後のエイドまでかぶり水を思いっきり
活用しました。途中からはかぶり水をそのまま飲みました。
これがまた紙コップからの給水と違って気持ちいいんです。
衛生面とか気になりませんでした。おばちゃんもニコニコしてました。
ひとつ欠点は思いっきり頭や足に水を掛けるとシューズが
ずぶぬれになってしまうことです。
これはちょっと不快でしたがかぶり水を優先しました。

57.5Kmのエイドから2箇所のエイドをはさんで
66.5Kmのレストステーションまで下りになります。
脚がしっかりしていればペースを上げられるはずですが
無理でした。脚がだめになったわけではありません。
ペースを上げようという気持ちになりませんでした。
残りフルマラソン1回分の距離があることを体がわかっています。
フィニッシュするためには無理するなが自分の体からの答えでした。

70Km
31:25(5:48:52)


66.5Kmレストステーションに到着。ここでは2分程度の予定でした。
直前に運営スタッフがゼッケンを読み上げていましたので
到着と同時に預けていた荷物が渡されると期待。
ところが、、、
荷物置き場に着いてみると自分の荷物を探しているボランティアの方達。
どうも見つからないようです。何度かゼッケンを言って探してもらい、
自分でも探しましたが見つかりません。5分くらい経ったでしょうか。
ついにあきらめてエイドを出発することにしました。
懸命に探してくれた方々に感謝です。

荷物置き場はゼッケン番号でブロック別に分別して吊るされてましたが
吊るしきれない荷物は下に置かれていてゼッケンが確認しずらいようでした。
皆同じ袋ですので自分のものと一目でわかるような印でもつけておいた
ほうがよかったかも。

<レストステーション向けに準備していたもの>
・ショッツ×3、べスパハイパー入り替えボトル
・タオル
・ソックス
・冷却スプレー
・エアーサロンパスDX
・ステンレスボトル入りコカコーラ

手持ちのボトルに入っていたショッツは既に空になっていました。
後半のエネルギー補給はエイドでと思いながら走り始めました。
すると、150m位走ったところで後ろから声がしました。

「荷物ありましたぁ」

先ほどまで荷物を探してくれていたボランティア(高校生かな)の
方が私の荷物を持って息を切らして追いかけてきてくれたのです。

道端に止まり、急いでショッツのボトルを交換。彼に御礼を言って
残りの持ち物には手をつけず返却をお願いしました。

75-80-85Km
26:07(6:14:59)-26:53(6:41:52)-25:36(7:07:28)


交通量の多い県道1号線を左折して75Km地点を6時間15分で通過。
ちょうど5分ペース。残り25Kmを5分ペースでいけば8時間20分。
6分でも8時間45分。9時間は切れると確信しました。

ここからは舗装されてはいますが山道です。
車も少なく途中かぶり水を浴びながら淡々と走りました。
80Km手前からの急な下りは厳しかったです。
膝を痛めないよう慎重に走りました。当然ペースは上がりません。

残り15Kmになって、後は普段のジョグの距離だからあっという間と
思いましたがここからが感覚的には非常に長く感じました。
時計を確認する回数がずいぶん増えました。

90-95Km
25:18(7:32:46)-28:47(8:01:33)


ようやく残り10Km、広域農道に入って若干の上り坂でも脚を
止めてしまいます。他のランナーは前方に小さく1人見えるだけ。
後ろからの気配はなし。まだかまだかの気持ちで走りました。

100Km
28:30(8:30:03)


広域農道を右折して残り5Km。
ここからは1Km単位の残り距離表示になります。
強い横風を受けながら田園地帯を横切っていきます。
残り3Km雫石川を渡り市街地に近づきます。
秋田新幹線を横切って市街地に入る上り坂が最後の難所で残り2Km。
その手前に最後のエイド(私設)がありました。
ここでサイダーをいただき最後の力を振り絞ります。

市街地の交差点は警察官が警備していました。秋田街道を通って
フィニッシュ地点である雫石総合運動公園陸上競技場に向かいます。
いよいよ残り1Km。ここで前方に駅伝ランナーを確認。
追いつきそうな感じだったので気力で追います。
競技場に入って一旦外周路を走ってトラックに入り半周。
ここでフィニッシュ地点からの声援が聞こえてきました。
おそらく駅伝ランナー(女性でした)への声援だと思いますが、
その声援を受けて駅伝ランナーはスパート。
ありゃぁこれは追いつけないと思ってたらトラックを過ぎて
声援が遠のくと失速。あっという間に追いつきました。

追い抜きながら彼女にあと少しだから頑張ろうと声を掛けて
かっこよく追い越しましたが、その後、追い越されたら
ちょっとかっこ悪いなと思い、フィニッシュまでの100m余りは
大人気なく必死でした。

フィニッシュテープが前方に見えます。
場内のアナウンスがゴールを紹介していました。
大勢の見守る中、フィニッシュテープに飛び込みました。

タイムは8時間30分3秒。16位でした。

フィニッシュして、これまでのフルマラソン完走時とは違う
思いを感じていました。

100Km走ってきたという時間や消耗、疲労、痛み、感情すら
なくなって何も無い感覚をしばらく感じてました。
達成感や充実感すら感じませんでした。

無感覚の感覚とでもいうのでしょうか。初めての経験です。
矢吹丈がホセメンドーサと戦ったあと真っ白に燃え尽きた
ような感覚に近いのかも知れません。

後で振り返るとこれは多分に周りの雰囲気も影響している
と思いました。フィニッシュ地点にはまだ100Km完走した人が
少なく、ほとんどの人が駅伝ランナーと思われ皆さん結構元気で
疲労困憊している人がいなかったことで100Km走ってきた自分が
場違いのような気がして感覚が飛んでしまったのかも知れません。

あつ姫に携帯で完走を報告。無事に完走したことで安心したようでした。

フィニッシュ後は、参加賞としてもらった食品券も食欲が無いため
飲み物しか使わず、淡々と帰る準備をして14時の盛岡行きの
連絡バスに乗りました。

東京までの新幹線指定席はあいにく満席、自由席のある15:03発の
やまびこ262号に乗りました。

一息ついて、車窓を眺めているとあることを思い出しました。
レース後半暑さの中走っているとき、無性にアイスクリームが
食べたくなったのです。県道1号沿いにソフトクリーム屋を
発見した時は思わず買おうかと思ったほど(500円持ってました)。
新幹線の中でそのことを思い出し、車内販売でアイスを
2個(アップルとバニラ)買ってひと時の贅沢を味わいました。

既に通常の感覚に戻りつつありました。
脚は痛いし、日焼けはヒリヒリするし内臓は疲弊したのか
相変わらず食欲はないけどアイスクリームが食べたくなったり。
加えて100Km走った充実感や達成感、満足感も少しずつ
感じるようになりました。

東京には18:48着。東京18:56発こだま681号で新横浜19:15着、
あつ姫の待つ自宅に19:25着。
ウルトラマラソン初挑戦は終わりました。

ウルトラマラソンにどのように取り組むか。
中途半端に記録を狙うならエイドでのんびりして自然を楽しみながら
制限時間一杯使ってゆっくり走るほうが満足度は高そうな気がします。
考え方価値観がいろいろあるのがマラソンの良さですね。
ウルトラマラソンには更なる深みがあるように思います。

また挑戦するかはこれから考えますが、
サロマ湖は走ってみたいなぁと思ってます。

■完歓感☆

[完走]☆☆☆
[歓走]☆☆
[感走]☆☆

【完走記】いわて銀河100Kmチャレンジマラソン その2

Start-5-10Km
Lap(Split) 22:55(0:22:55)-25:28(0:48:23)


最初の4Kmは競技場内を走ります。
吉本の駅伝第1走者はたむけん。もちろんウェアはふんどし一丁です。
近くで見てもきれいなお尻をしてました。市民ランナーがこの仮装したら
きっと失格でしょうね。横に並んだとき何キロ走るの?て聞いたら
「11Km!」と答えてくれました。がんばってねと激励して先に行きます。

今度は後ろから昨年優勝した神奈川のSさんが追いついて一瞬並走。
昨年の様子を映像で確認していたので今年も狙ってますよねと声をかけると
昨年の自分は別人ですよと謙遜していましたが、がんばりますと言って
あっという間に先に行ってしまいました。(Sさんは男子2位)

最初の5Kmはまだ先頭が見え隠れするところを走っていました。
気持ちの高ぶりもあって予定よりハイペースになっていたようです。
5Km通過は22:55。意識して少しペースを落としていきます。

ペースを落とすと抜かれだしますがしばらくは我慢。
しかし5~10Kmで25分を超えてしまい、あれって感じで
ペースダウンしすぎ?と思い、現状のポジションを維持する
レベルまでペースを上げました。

15-20-25-30Km
22:43(1:11:06)-22:29(1:33:35)-22:29(1:56:04)-23:20(2:19:24)


まだ朝早いせいか気温も思ったより上がらず、フルマラソンより
キロ30秒落ちくらいのペースで楽に走れました。
エイドでは水かスポドリを走りながら補給し、ロスタイムなし。
この辺はコースも比較的フラットでしたし、前に目標となるランナーが
いたので淡々と距離を稼いでいく感じでした。脚もスタミナも問題なし。

40-45-50Km
47:20(3:06:44)-24:42(3:31:26)-27:08(3:58:34)

(35Km:未計測、40Km:10KmLap)

30Km過ぎあたりから左足底が痛くなってきました。
今回は長丁場であることからロキソニンを4錠準備していました。
いままでロキソニンを飲んだことは無かったので効き目は不明でしたが
我慢できなくなったら試してみようと思ってました。

40Km前後からはトイレ(小)に行きたくなってきました。左足底の痛みより
気になります。これまで8回フルマラソン走ってますがレース中
トイレは一回もなし(もちろんトイレ外でもなし)なので初めての体験です。

左足底とトイレを気にしながら走っていると、
後ろから息使いが聞こえてきて、自分の後ろに近づいてきました。
抜くのかなぁと思ってたら同じペースで並走状態に。
規則正しいはっきりした呼吸は100Kmランナーではないなと思って
ちらっと振り向くとやはり駅伝のランナーでした。しかも若い女性。
さびしがり屋のおじさんですからすぐに話しかけました。
「何キロ走るの?」「14Kmッス」「がんばってね」「ありがとゥス」
そう聞こえたんだからしょうがない。体育会系女子と推察しました。

44.2Kmのエイドでロキソニンを1錠飲みました。ロキソニンを取り出すのに
苦労してるとエイドのおばちゃんが落ち着いてゆっくりしてきなと声を掛けて
くれました。全てのエイドでみなさんにやさしく声を掛けていただきました。
こちらはありがとうございますというのが精一杯。本当はもっとゆっくりして
いきたいけどと思いながらエイドを後に。次のエイドを楽しみに走りました。

結局ロキソニンは73.3Km地点のエイドでもう1錠飲み、
痛み解消とはなりませんでしたが悪化することも無く、
走りに支障はなかったので効果ありと感じました。

44.2Kmエイドを出発して先ほどまで並走していた駅伝のおねえさんは
エイドをスルーしたのかずいぶん先に行ってしまいました。

しばらくは自分の前後にランナーがいない状況になりました。
コースの左右は林。トイレに行きたい。ふとそこに入って
用を足してしまおうかと思いましたが、なんとか踏み留まり
(まだ我慢できたということ)走りに集中しました。
豊沢ダムを通過し、しばらく走ると上り坂が急になってきました。
すでに50Km近く走っているので脚が疲れてきたのでそう感じた
のかもしれません。ペースがどんどん落ちます。
初めて歩いてしまおうかと思いました。
ここで歩いたら心が折れてしまいそうと思い、
気持ちだけでも走っているつもりで頑張ることにしました。

ふと前を見ると駅伝のおねえさんが見えてきました。
彼女も相当苦しいようでペースが落ちてます。
しばらくすると追いついて激励してそのまま追い越していきます。

もうだめかと思ったら49.6Km豊沢の森駐車場のエイドに到着。
ここでトイレに行きました。運よく待ち時間は1分程度。スッキリ。
トイレを済ませてエイドに戻るとちょうど駅伝のおねえさんが
次のランナーに襷を渡したところでした。エール交換して出発。
先回りしてチームの到着を待つ大助師匠とハイタッチ。

50Km通過は3:58:34で目標の4時間15分~30分を大きく上回りました。
残りを6分ペースでも9時間切れると頭の中では皮算用を始めました。

暑くて厳しい後半につづく。

【完走記】いわて銀河100Kmチャレンジマラソン その1

2011年6月11日(土) 大会前日

東京10:08発やまびこ257号に乗車して北上13:31着。
車内を見渡すとそれらしき人が結構いました。

レース当日は早朝北上駅前からスタート場所までの
連絡バスがありますが、宿泊場所(東横イン)と駅を挟んで
向こう側からの発車なのでホテルからのルートを確認。
IMG_0022_convert_20110615205727.jpg

地上の道で行くと結構遠回りで10分くらいかかりましたが
その後、駅地下に連絡通路を発見。
3分くらいで行ける事が判明。気がついてよかった。
IMG_0024_convert_20110615205810.jpg

地下通路を確認して、選手受付・開会式・前夜祭場所に向かいます。
IMG_0025_convert_20110615205913.jpg

14:20受付完了、15:00開始の開会式までその場で待機。
しばらくして会場の準備ができたというので場所を移動。
広い体育館で立食形式だが食べ物は大皿でなく一人ひとりに配布。

ひとりで参加している人は少ないですね。
このような場では仲間がいないと間が持ちません。
とっとと撤収しようかと思いましたが
精神鍛錬と思ってしばらく我慢。
IMG_0028_convert_20110615210345.jpg

15:00に開会式が始まり、あいさつが続きます。
周りを見渡すとワイナイナ氏を発見。
すかさずそばに行ってあいさつ(もちろん知り合いではない)。
NBの駅伝チーム応援で来ていたようで
今回は走らずサロマ湖は走るとのこと。

一部で騒がしくなったと思ったら、
駅伝に出場する吉本興業の面々が来た様子。
宮川大助・花子の大助が監督らしい。
取材メディアは吉本芸人の周りに集まってました。
登壇して挨拶が始まり、開会式の場は盛り上がりました。
さすが芸人集団。
IMG_0039_convert_20110615210445.jpg

昨年の優勝者による選手宣誓が終わり、一段落したので撤収。
ホテルに向かう途中でセブンイレブンで食料を仕入れて
16:00チェックイン。

2011年6月12日(日) 大会当日スタートまで

ホテルは1泊5400円。深夜0時まで寝て(休んで)チェックアウトは1:30。
緊張しているせいかほとんど眠れずでした。

1:45の連絡バスに乗車。最初の便ということで
乗ったのは10名ほどでガラガラでした。

2時ごろスタート地点の北上陸上競技場に到着。
出走チェックを受けて一段落。おにぎり、豚汁とバナナを買い、
持参したショッツとべスパハイパー、エネルギーゼリーを
それぞれ食べて栄養補給しました。

3時になると人が多くなり、いよいよ近づいてきたという感じ。
荷物をゴール行きとレストステーション行きとに分けて預けて
身軽になりスタートゲートの見える場所に出てストレッチ。

外から明るい室内を見渡していると
何気に大勢いる選手の中から岩本能史氏を発見。
目立たないように小さくなっていましたが
背中のゼッケンでご本人と確認。
すかさずそばに行ってあいさつ(もちろん知り合いではない)。
岩本さんの本読んでます、おかけで3時間30分切れました
と言うとニコッとされて握手してくれました。
本気で走るんですかと聞くと首を横に振ってました。
朝早いので眠いのかテンションは低かったですね。
今回は奥さんも参加(女子の部3位入賞!)。

スタート10分前には空も明るくなってきて、すでに季節は夏。
場内アナウンスから本日の最高気温は26度とのこと。
朝の4時はまだ20度以下で涼しいくらいですが
これから暑くなりそうな予感です。

スタート位置は前から5列目くらい。スタータは大助師匠。
午前4時スタート号砲とともに走り出します。

つづく

いわて銀河100Kmチャレンジマラソン結果

いわて銀河100Km走ってきました。

タイムは8:30:03で16位でした。
前半4時間、後半4時間30分のペースでした。

筋肉痛と日焼けヒリヒリで動けません。
詳細は別途。
IMG_0047_convert_20110612200511.jpg
プロフィール

新横の雅

Author:新横の雅
どこにでもいるメタボおやじが一念発起。50才からダイエットしてランニングを始めて51才でフルマラソン完走。走りに目覚めました。2010年10月52才でサブスリー達成。新横浜在住。トレーニングは日産スタジアム、鶴見川周辺。

Jognote
自己ベスト
1Km:3分24秒
 第368回よこはま月例
 (2011年10月)

5Km:18分1秒
 第371回よこはま月例
 (2012年1月)

10Km:37分51秒
 第21回流山ロードレース
 (2012年10月)

ハーフ:1時間20分25秒
 第36回千葉マリン
 (2012年1月)

フル:2時間46分52秒
 第61回別府大分毎日
 (2012年2月)

100Km:8時間09分39秒
 第27回サロマ湖
 (2012年6月)
最近の結果と今後の予定
2015年1月
 千葉マリン
 (ハーフ) 1:27:41

2015年2月
 青梅
 (30Km) 2:06:08

2015年3月
 静岡
 (フル) 2:56:46

2015年4月
 チャレンジ富士五湖
 (118Km) 10:55:03

2015年6月
 サロマ湖
 (100Km) 8:33:44

2015年10月
 四万十川
 (100Km) 11:25:00

2015年10月
 大阪
 (フル) DNS

2015年11月
 埼玉国際
 (フル) DNS

2015年11月
 大田原
 (フル) DNS

2015年12月
 はだの丹沢水無川
 (ハーフ) DNS

2016年1月
 千葉マリン
 (ハーフ) DNS

2016年2月
 青梅
 (30Km)

2016年3月
 静岡
 (フル)

2016年3月
 横浜
 (フル)

2016年4月
 チャレンジ富士五湖
 (118Km)

2015年6月
 サロマ湖
 (100Km)
検索フォーム
FC2カウンター
ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。