スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【回想録4】北海道マラソンの厳しさとしまだ大井川マラソンでの初サブスリー

2010年8月29日 北海道マラソン

<StartLine>
スタート場所の中島公園に隣接する札幌パークホテルに宿泊したが、
大会当日の朝食で隣のテーブルに小出監督、その向こうに原さん、
那須川さん、宮内さん(女子トップ3)がいた。
部屋に戻りそろそろ行くかとフロアのエレベータに乗ったらそこに
増田明美さんがいて、その時既にゼッケンつけてレースに出る格好
だったので、増田さんに「がんばってください」と声を掛けられて感激。
同じフロアにはモグスも宿泊していた。
12時10分スタートで時間的な余裕は十分あった。スタート時は気温27度、
湿度70%と曇りではあるがマラソンには厳しい環境だ。
フルマラソン4回目にして始めての先頭ブロックからのスタート。
目の前に招待選手がいる。スタートラインまで5m、タイムロスはほとんどなし。

<0~10Km>
スタート後、3Kmまで緩やかな上りと折り返して創成トンネルまでの
下りを淡々と走り、10Km通過は40分台でちょっと早いペースだったが、
しっかりと走れた。

<10~20Km>
15Km以降若干ペースが落ちるが、前の集団を目標にキロ4分10秒前後で走る。

<12.5Km>
給水エリアで敦姫の応援。ここは元気に通過できた。

<中間点>
1時間27分台でハーフを通過。初のサブスリー達成のためにはいいペースと
感じたが、徐々に体が重く(だるく)なる感じがしてきた。

<21~30Km>
往復13Kmに及ぶ一直線の新川通りは片側3車線で太陽をさえぎるものは
何もない北海道マラソンの難所と言われるところ。陽射しがさしてきて
気温も上昇しているようだ。ただ暑いことは暑いが我慢できないような
暑さではないと思っていた。しかし、徐々に体が動かなくなり、ペースが
落ちる。沿道の声援と自分自身への励ましも効果なく、キロ4分30秒以上に
なってしまった。給水エリアでは必ず給水し、スポンジを取り頭から水を
かぶっていたので熱中症のような症状ではなかったがとにかく倦怠感が
体を襲う。足が動かないのではなく、足を動かそうという気持ちが失せた
ような感覚。

<30~35Km>
サブスリー達成には最低ラインとして7Kmを30分以内のペースを維持する
必要があったが、35Kmで2時間30分を過ぎてしまい、体調から見てペース回復
の見込みがないことを自覚していたのでサブスリー達成は無理と判断。
モチベーションが低下する。キロ4分30秒からキロ5分までペースダウン。
歩いているランナーも見かけるようになり、早くこの苦しみから解放されたい
という想いが走りをやめる誘惑となったが、「折れない心」のプラカードを
持った声援に支えられてペースは落ちたが何とか走り通すことが出来た。

<38~41Km>
北海道大学構内に入り、残り4Km。前日に北大キャンパスを下見していた。
その時はここまでくれば残りわずかで陽射しが強くても木陰を走れるので
元気が出るはず、ラストスパートできるはずと思っていた。ところが実際は
体が言うこと聞かず、気力も萎えてペースも落ち、ヘロヘロ状態だがわずかな
気力を振り絞って走っている感じ。キロ5分オーバーとなる。

<39Km>
北大内で予定通り敦姫の声援を受け気力を回復するものの、
体力的にはもうダメ状態で通過。

<41Km>
北大を抜け、JR高架下をくぐり、赤レンガ道庁舎の横を行く。
力は出ないが沿道の声援に押されるように走る。広い道を両側から
声援を受けて走ることだけで感動なのだが、その場で感動を味わう
余裕はなかった。

<Finish>
ラストスパートできなかったが、何とか走りきった。フィニッシュへ向かう
北大通で大勢の人から大きな声援を受ける。3時間を切れなかったことで
フィニッシュした時は体力、気力のなさを痛感したが厳しい環境下での結果
としては良く頑張ったと思いなおした。

<全体>
北海道とはいえ夏の暑い時期に実施されるマラソンであり環境的に厳しいことは
わかってはいたが、自分の体がどのような反応をするのかは未知数だった。
自分なりに暑さへの対応力をアップしようと準備したが、暑い中走るのは
正直つらいし気力も失せる。それでも7月から8月中旬までに700Km走り
サブスリーを達成するために頑張った。12時10分、中島公園を先頭ブロックで
スタートして最初から自分のペースで走れたのはよかった。
ハーフ通過は1時間27分台、これはいけると思った。新川通りの長い直線に
夏の陽射しが照りつける。給水エリアではスポンジと水を必ずもらい、
飲みすぎに注意しながら水分補給した。22Kmのラップが4分20秒、23Kmは
4分30秒とペースダウンしはじめた。体全体がだるい。頑張れの声援が
耳に入るがだんだん体が動かなくなっていく。足だけでなく体全体が
動かない感覚。この感覚は結局この後最後まで続いた。30Km過ぎると
楽になりたい、歩きたいという気持ちになった。その気持ちを何とか
押さえ込みながら走り続けた。沿道の声援に加えて、自ら「がんばれ」と
声を出して自分を声援。「折れない心」のプラカードが見える。心が折れる
ということはここであきらめることだ、折れない心を持ち続けるんだと
自分を奮い立たせた。ペースは上がらないが止まることはなかった。
北大に入り、敦姫の声援を受けフィニッシュまでたどり着いた。
3時間7分42秒はグロスでは今年の東京マラソンに次ぐ成績だが、
ペース配分的には後半の落ち込みが大きい。あまり自覚はなかったが
やはり暑さが原因と思う。涼しくなる秋冬のレースで念願のサブスリーを
達成したい。

<記録>
3時間07分42秒 235位/4839人(男子完走者数) 自分より先にフィニッシュ
した女子は20名。7959人が出場して、ゴールしたのは5715人。完走率は71.8%

20100829北海道

2010年10月31日 しまだ大井川マラソンinリバティ

<StartLine>
前日まで台風14号の影響で開催が危ぶまれたが、台風は通り過ぎ
霧雨模様ではあるが風も弱く涼しく(最高21℃)マラソン向きの
天候となった。ランシャツ・ランパンで走る。
シューズはASICSスカイセンサーJAPANで大会では初使用。
ゼッケンは211。先頭から10列目くらいに並ぶ。スタートロスは6秒。

<0~5Km>
島田市役所をスタートし5Kmまでは市街地。スタートの勢いに
つられて自然にペースが上がる。ラップを確認しながら気持ちを
落ち着かせようとしたが、ペースがつかめない状態。

<5~20Km>
大井川河川敷に入り、集団もばらけてきてペースが安定してきた。
ちょうど前に女子ランナー含む7,8名の集団が1Km4分ちょっとで
走っていてこの集団についていくことにした。

<中間点>
1時間27分台。北海道マラソンと同程度だが暑くないため走りには
余裕がある。ただ意図せずペースダウンしないか心配で1Kmラップは
最後まで常に確認した。

<23Km付近>
会社同僚のIさんとすれ違う。まだまだ余裕で走っていた。
初フルマラソン完走には問題ない様子で安心。

<21~30Km>
折り返し後、なだらかな登りで向かい風となる。前方の集団もペースが
落ち始めてばらけてきた。30Km手前で女子ランナー(女子2位の方)の
ペースが落ちたのか追いつき抜いた。目標を前方のランナーに定めて
1Km4分15秒のペースを維持するようにした。

<30~39Km>
33Kmの大エイドステーションは当然スルー。持参したジェルを補給。
フィニッシュ地点を横目に見てラスト9Kmと気合を入れる。
前半よりペースは落ちているものの4分15秒前後をキープ。
サブスリーが現実味を帯びてきた。

<39~41Km>
コース脇に掲示されている1Km毎の表示が39Km,40Km,41Kmが
それぞれ500m程度後ろにずれていた。ガーミンのGPSを信じて走ったが、
もし掲示が正しければサブスリーが危うい状況となるので内心焦る。

<Finish>
41Kmの掲示を過ぎてフィニッシュのアーチが見えてきた。
42Kmの掲示は正しく、残り200mでサブスリーは確実。
うれしさがこみ上げてくる。これまでのマラソンで
最高のゴールをすることができた。

<全体>
昨年のこの大会が初フルマラソンで3時間20分。
いきなりサブフォー達成で周囲は驚いたが自分ではそれまでの
トレーニング結果としては順当と感じていた。
それから1年、つくば、東京、北海道を経験し何とかサブスリーを
達成したいと思うようになった。年齢と共に記録は落ちるのは
避けられない。52歳の現在がピークかもしれないと思うと
一日でも早く一回で良いから3時間をきりたい2時間台で走りたい
と思った。元々11月以降のつくば、湘南、東京をメインレースに
して10月のしまだ大井川はトレーニングの一環としていた。
あえてサブスリーの目標は立てず、8月の北海道よりは良い結果を
出すことを念頭に体調に合わせて走ったことが結果に繋がった
ように思う。これでつくば、湘南、東京に楽な気持ちで望める。
ひとつ大きな目標を達成したことで更にレースを楽しむことが
できそうだ。

20101031しまだ大井川
スポンサーサイト

【回想録3】スピード持久力向上 ハーフマラソン

フルマラソンのトレーニングをかねて、ハーフマラソンにも
積極的に参戦し普段のトレーニングではなかなかできない
スピード持久力を向上を目指しました。

2009年12月6日 はだの丹沢水無川マラソン

<スタート前>
Yさんと久しぶりに再会。相変わらず市議会議員で頑張っているようす。

<StartLine>
スタートラインまで10mくらいの位置に並ぶ。スタートロスは10秒程度。

<0~2.5Km>
スタート後、程なく集団はばらけて自分のペースで走る。無難な滑り出し。

<2.5~6Km>
最初の折り返し後、ペースが上がる。ここが結構な下りであることに気付く。

<6~7Km>
ここから秦野の山登り。7Km地点で同僚のSさんから応援。70位くらいと教えてくれた。

<8Km>
見通しがよくなり前方に富士山がくっきり。最高の眺め。山の中腹を断続的に上っていく感じ。

<12Km>
最初の頂点。ここから一旦急な下り(-60m/Km)。次の上りを考え控えめに走る。

<13~15Km>
最大の難所。「風の吊り橋」まで駆け上がる(+80m/1.5Km)。

<15~20Km>
堀山下の山下り(-150m/5Km)。息は上がらないが脚がついていかない。

<21Km>
運動公園内一周をラストスパートする脚力なし。何人かに抜かれる。

<Finish>
ほぼ力を出し切ってフィニッシュ。快晴の天気で最高でした。

<全体>
1時間26分30秒 総合60位、年代別7位の結果は上出来。
ただし6位との差は3分もあり入賞までは遠い。

20091206はだの丹沢

2010年2月7日 神奈川マラソン

<StartLine>
前から2番目の入口(1時間15分~30分)から並んだ割にはスタートロスが33秒。
いつの間にか前に一杯ランナーがいた。

<1Km>
最初の1Kmは全体のペースが遅く、縫うように走る。

<2~6Km>
自分のペースで走れるようになり、落ち着く。

<7Km>
湾岸沿いの道で強い向かい風。先のコーナーまでの辛抱と頑張る。

<10Km>
4分/Kmを上回るペースで10Km通過。ひざ痛なし。余裕あり。
オーバーペースでないことを確認。

<13Km>
会社同僚のIさんとすれ違う。声掛けてくれて元気をもらう。

<16Km>
先を走っていた初老に追いつき声を掛ける。必死に頑張っていることに心打たれる。

<19~20Km>
湾岸沿いの道(2周目)でさらに強い向かい風。なかなか前に進まない。

<21Km>
再度Iさんとすれ違い、また声を掛けてくれた。気力をもらいラストスパート。

<Finish>
沿道の声援が心地よい。20~21Kmの1Kmで最速ラップを記録。

<全体>
自分としては出来過ぎのレース。目標の84分をクリアできた。
ペース配分も文句なし。余裕もあった。
この調子を維持して東京マラソンでサブスリーに挑戦したい。

20100207神奈川

2010年4月18日 東日本国際親善マラソン

<StartLine>
前から7~8列目に並ぶ。スタートロスは数秒。ほとんどロスなくスタートしたのは初めて。
最初から自分のペースで走れた。

<1Km>
最初の1Kmは3:50(ネット3:45)。ちょっと早いかなと思ったがそのまま行く。

<2~7Km>
1Km3:50ペースで安定。外周路は見晴らしがよく、先頭のランナーまで確認できた。

<7Km>
200m程度の未舗装があり若干ペース落ちる。

<9Km>
周回路2周目。和太鼓の応援が心強い。

<10Km>
10Km通過は39分。ひざ痛なし。このままいけそうな感覚。

<12Km>
敦姫からの声援に応える。結構きついが余裕の表情で走り抜ける。

<12~17Km>
この辺から周回遅れのランナーが出始める。ペースが倍半分違うので追抜きに気を使う。

<16.5Km>
敦姫からの声援(2度目)。18Kmくらいから周回遅れが増加。走りづらくなる。

<19.5Km>
前を行くベテランランナーをようやく捕らえて抜いた。年代別上位を意識。

<20Km>
敦姫からの声援(3度目)。20Km過ぎてようやく周回遅れとレーン分け。
あと少しと気合が入る。

<Finish>
周回遅れのランナーを横目にがんばって20~21Kmの1Kmを3:44。
そのままのペースでフィニッシュ。

<全体>
自分としてはそれなりのレース。目標の84分はクリアできた。
グロスでは自己記録13秒更新だが、ネットでは15秒遅れた。
直前までかなり走りこんでいたので調子がよければ自己記録の
大幅更新を目論んでいたが現状実力通りの記録ということと思う。
周回遅れに巻き込まれたということもあるが、後半若干ペースが
落ちたのが気になる。レース翌日(4/19)の神奈川新聞で50歳代で
4位であることが判明。3位入賞まであと9秒だったがこれまでの
最高順位に大満足。4/20ランネットでリザルト公開、
総合順位は46/3500位だった。

20100418東日本国際親善

【回想録2】初フルマラソン完走から東京マラソンまで

2009年11月1日 第1回しまだ大井川マラソンinリバティ

朝6時新横浜発のひかりに乗り込み、静岡へ向かう。
初マラソンに緊張はしたが、不安はなかった。すでに2回
フルマラソン相当のロング走を実行し完走はもちろん
内心では3時間30分以内を目標にしていた。

初マラソンで自分のペースがわからなかったこともあり
前半ハーフはとにかく抑え気味にいった。折り返して
後半暑さと向かい風の影響もあり、次々とペースを落とす
ランナーを尻目に前に前に進んでいくことができた。

結局、3時間21分5秒で完走。ひとつの目標が達成できた。

20091101しまだ大井川

2009年11月22日 つくばマラソン

次は湘南国際の10Km(39分39秒)をはさんで、つくばマラソン
に参戦。3時間8分25秒と記録更新。

20091122つくば

2010年2月28日 東京マラソン

ハーフ2戦を経験し、いよいよ東京マラソン

<StartLine>
スタートブロックはE(申込時申請タイム3時間50分)でスタートラインからは150m、
前に約10,000人のランナーがいる。スタート1時間半前からEブロックの先頭に整列。
雨の中スタートを待つ。9時10分号砲。スタートロスは3分20秒前後。
道幅が広いせいか意外とスムーズと流れ、スタート後の混雑もつくばよりはるかに少ない。

<0~15Km>
前半の下りを利用して遅い集団をクリアする。結果的にちょっとオーバーペースだった。

<14Km>
田町駅付近で敦姫の応援を受ける。見つけられてよかった。

<15Km>
品川折り返し前にウエストポーチに入れたカーボショッツを取ろうとするが寒さで
手が痺れていてなかなか取れなかった。結局17Km地点で手袋をとり素手で何とか
取り出して食べた。雨で濡れた手袋は再度着けられず、そのまま処分し以降素手で走る。

<中間点>
有楽町駅付近のハーフ通過は電光計時で1時間30分台。スタートロス考慮すると
ペース維持すればサブスリー可能と思ったが、想定タイム1時間28分より遅れた。
疲労度も雨と寒さの影響か想定以上でこのままペース維持するのは無理かなと
思い始めた。

<21~30Km>
銀座から浅草を折り返し30Kmまでは無心に走る。景色も見えず、
沿道の声援のみ耳に入る。白い犬の帽子をかぶっていたので名指しで
たくさんの応援を受けた。7割が「白くまがんばれ」2割が「犬がんばれ」
1割が「お父さんがんばれ」。お父さんはソフトバンクお父さん犬の連想と思う。

<30~35Km>
30Km過ぎで脚全体が痛くなり思うように動かせなくなってきた。
手足の先も痺れている。明らかにペースダウンだが周りの人たちも同じようだった
ようで抜かれることはほとんどなかった。みんな苦しいんだということを実感。
だけど頑張ろうという気力もでない。34Km付近でエリック・ワイナイナを追い抜く。

<36Km>
最大の難所と言われる佃大橋だが走る前は大した事ないと考えていた。
目の前にして前を行く人が上り坂に止まっているように見えた。よし抜けるぞと
思ったが自分も同じで追いつくこともできず。やっぱりきつい。
ここでほぼ全脚力を使っちゃった感じ。力を入れようとすると太ももが痛い。

<38Km>
豊洲駅付近で敦姫を見つける。後4Km頑張ろうと気力は湧くが脚は動かない。

<40Km>
40Km通過は2時間53分台。サブスリーは絶望的で相変わらず足が痛い。
無理せず行くことにした。

<Finish>
ラストスパートできず、流れのままフィニッシュ。寒さと痛さが先行し完走の感激なし。
ランナーサービスで完走メダルとタオルを掛けてもらう。タオルが冷えた体に暖かかった。

<全体>
サブスリー達成はならなかったが、3時間4分は自己記録を4分20秒あまり、
ネットでも3分30秒更新しサブスリーまであと一歩となった。本当はここでサブスリー
達成して物語完結のつもりだったのだがそうはうまくいかない。目標にしていた
猫ひろしには完敗。尊敬する秦野のKさんは自己新記録を達成している。走りも見事だった。
両人を思うときやはり悔しさが残るが次へのステップとするしかない。
スタートの位置は陸連登録することで解決できるので来年度は登録する予定。
ただし、確率的には10年に1度しか参加できない東京マラソンなので次はいつになるやら。

20100228東京

11/17 ウォーキング18Km ジョグ15Km

11/17のトレーニング

■ウォーキング
[時間] 7:10~8:30 17:30~19:30
[ルート] 新横浜→みなとみらい→新横浜
[距離] 8Km + 10Km = 18Km
[シューズ] アシックスGT-2160

<Lunch Option>
ランドマークプラザウォーク(1F~5F往復 3500歩) ×1回

<Rest Option>
21F(職場)~6F(トイレ・コンビニ) 階段往復(670段 1000歩)×3回

APECがおわり、全国各地から集結したおまわりさんも
みなとみらいから撤収しました。昨日までは空き地に
パトカーが並んでいたのですが今日は1台もいません。
皆さん地元に戻られたようです。何事もなくよかった
ですね。ご苦労様でした。

APEC期間中、臨海パーク周辺を通らないルートにして
いましたが、これからは以前のように横浜中央市場、
臨海パーク経由にします。

リーボックEasytoneはソールが磨耗したためGT-2160に変更。

■ランニング
[開始] 5:30
[内容] ジョグ
[ルート] 鶴見川周回
  (新横浜→綱島→鷹野人道橋→綱島→新横浜)
[距離] 15.35Km
[タイム] 1時間18分33秒
[ペース] 5分7秒/Km
[シューズ] アディゼロテンポ3

いつもは朝4時ごろ自然に目が覚めるのですが、
今日は5時にセットしているブースカ目覚まし時計
に起こされました。朝ラン開始は5時半になり、
短く15kmジョグ。ラスト5Kmをペースアップ。

1Km Lap(Last 0.35Km)
5:51-5:56-5:46-5:33-5:25 (28:31)
5:07-5:23-5:20-5:14-5:19 (26:23)
4:31-4:26-4:29-4:28-4:16 (22:10)
1:28

相変わらず左踵痛が残ってます。心配です。

月間ラン距離 217.6km(実績)/ 300km(目標)達成率 72.5%
年間ラン距離 [2010年] 3425.1km

月間歩数 677,251歩(実績)/ 1,000,000歩(目標)達成率 67.7%
プロフィール

新横の雅

Author:新横の雅
どこにでもいるメタボおやじが一念発起。50才からダイエットしてランニングを始めて51才でフルマラソン完走。走りに目覚めました。2010年10月52才でサブスリー達成。新横浜在住。トレーニングは日産スタジアム、鶴見川周辺。

Jognote
自己ベスト
1Km:3分24秒
 第368回よこはま月例
 (2011年10月)

5Km:18分1秒
 第371回よこはま月例
 (2012年1月)

10Km:37分51秒
 第21回流山ロードレース
 (2012年10月)

ハーフ:1時間20分25秒
 第36回千葉マリン
 (2012年1月)

フル:2時間46分52秒
 第61回別府大分毎日
 (2012年2月)

100Km:8時間09分39秒
 第27回サロマ湖
 (2012年6月)
最近の結果と今後の予定
2015年1月
 千葉マリン
 (ハーフ) 1:27:41

2015年2月
 青梅
 (30Km) 2:06:08

2015年3月
 静岡
 (フル) 2:56:46

2015年4月
 チャレンジ富士五湖
 (118Km) 10:55:03

2015年6月
 サロマ湖
 (100Km) 8:33:44

2015年10月
 四万十川
 (100Km) 11:25:00

2015年10月
 大阪
 (フル) DNS

2015年11月
 埼玉国際
 (フル) DNS

2015年11月
 大田原
 (フル) DNS

2015年12月
 はだの丹沢水無川
 (ハーフ) DNS

2016年1月
 千葉マリン
 (ハーフ) DNS

2016年2月
 青梅
 (30Km)

2016年3月
 静岡
 (フル)

2016年3月
 横浜
 (フル)

2016年4月
 チャレンジ富士五湖
 (118Km)

2015年6月
 サロマ湖
 (100Km)
検索フォーム
FC2カウンター
ブログランキング
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。