スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【完走記】第27回サロマ湖 50Km~フィニッシュ

サロマ湖100Kmウルトラマラソン コース図
Map_all.jpg

50~60Km 4:40:20(50:07)
Map_60K.jpg

50Kmまでは想定通りの走りができました。
あとは後半どこまで粘れるかです。

体の異変に関しては、右踵の違和感、右足つけ根の痛み、
両足前足部の痛み(肉刺)を感じてましたが、
どれも今のところ大幅なペースダウンには直結せず。

チャレンジ富士五湖では50Kmを過ぎてから、
太もも痛でペース維持ができなくなったけど
今回はまだ余裕あり。

まぁ余裕といっても50Km走ってきているわけで
体力、脚力が消耗してきているのは事実。
この先、自分の体がどうなるのかは
走ってみないとわかりません。

50Km過ぎからのアップダウンでペースが若干落ちたけど、
思ったほどには苦にはならず、
やがて55Kmのレストステーションが見えてきた。

ゼッケン番号がコールされ、到着と同時に
自分の荷物が手渡されました。手際の良さに感動。

先着のランナーが数名いるだけで
まだレストステーションが混雑してないから
だとは思いますがうれしかった。

せっかく手早く対応してくれたのだから
のんびりはできないなぁと思いながら、
おにぎり一つと暖かい飲み物をいただき、
更衣室そばで立ったまま、サロンパスDXを
両足全体にたっぷり噴射。

ショッツの入ったボトルを交換、SUPER VAAM顆粒を補充し
アミノVパーフェクトエネルギーを口に流し込み、
着替えはせず荷物を返却しました。

出口近くで水をもらってロキソニンを1錠。
3分ほどでレストステーションを出ました。

ここから再びアップダウンがありますが、
脚力が復活したような感じでキロ4分30秒のペースを維持。

60~70Km 5:29:43(49:23)
Map_70K.jpg

61Km過ぎに国道を左折し、キムアネップ岬に向かいます。
雲が切れ始めてうっすらと日が差してきました。
暑くなる予感。レストステーションで復活した脚でしたが、
65Kmくらいから徐々にペースダウンし始めました。

68Km地点の有名な私設エイドではおしぼりをもらいスッキリ。
汗や水で濡れたランシャツを見てエイドのおばちゃんは
寒くないの大丈夫?と気遣ってくれました。
走ってれば大丈夫ですよと答えましたが、
もう見た目疲労の色がでていたのでしょうね。

70Km手前で女子ランナー二人に次々とパスされました。
あとで確認したら登録女子2位と6位のランナー。
すでに後を追う力はなくしばらくして視界から消えました。
やはり後半きっちり走れるペース配分がいいのかな。
ちょっと心が折れかけました。

70~80Km 6:22:06(52:23)
Map_80K.jpg

70Km手前で国道を左折しサロマ湖沿いの道へ。
ペースはキロ5分前後に落ちていました。
道の両側には大きな木が並び木漏れ日の中を走ります。

前に同じくらいのペースの男子ランナーが一人いたので
なんとか離されずについていくことだけ意識していました。

75Kmのエイドで3回目のトイレに行き、この辺からエイド毎に
かぶり水を頭からかけて体を冷やすようにしました。

明らかに気温が上がり体力を奪っているように感じました。
もうすぐ80Km、ワッカ手前でまたも女子ランナー二人に
抜かれました。登録女子3位と4位のランナーでした。
全然勢いが違いました。

自分はすっかり勢いなし。
残り20Kmのワッカ往復は厳しくなりそう。

80~90Km 7:14:13(52:07)
Map_90K.jpg

80Km通過は6時間22分。残りをキロ5分でカバーしても8時間2分。
サブ8の目標は達成困難であることを認識。
それでも当初目標の8時間20分はキロ6分弱で達成できるので
後は粘れるだけ粘ろうとワッカの道を走り始めます。

ほどなく折り返してきたランナーとすれ違いました。
18Km差があることになります。さすがに速い。
かなり間隔があいて次のランナーが来ました。

何人かのランナーとすれ違って、
エリックが来ていないことに気づきました。
このときはまだ50Kmでリタイアしたことは知らず、
自分がワッカに入る前にワッカを抜けたのかもと思ってました。

ワッカの道は両側の丘に花がところどころに咲き、
ビルなどの人工的な構造物は視界になく
大自然の中を走っている感覚でしたが、単調といえば単調です。
気温も上がり、意識が薄らぐようになりました。

手元のARESのLapアラームと1Km毎の立て看板は
すでに500m以上ずれていたので両方を確認しながら
ぼんやりとフィニッシュタイムの皮算用をしていました。

細かなアップダウンが続きましたが何とか歩かずに
淡々と走り続けます。

何人かに抜かれましたが抜いていくランナーは皆元気に見えました。
逆に何人かを抜きましたが、皆疲労困憊で下を向き走っていても
歩きに近い速さで苦しそう、でも精一杯頑張っているように見えました。

サロマ湖100Kmを一人一人のランナーがそれぞれの思いを持って
走っているのだろうけれど、何か共有できる思いがありますね。
目に見えない一体感を感じました。

なんとか折り返しまでたどり着き、後は来た道を戻るだけ。
90Kmの計測ポイントを通過して残り10Km。

90~100Km 8:09:39(55:26)
Map_100K.jpg

エイドに寄るとまずかぶり水、バナナをもらいスイカを食べ、
水を飲む。氷をつかんで首筋や太ももにこすり付ける。

ワッカ往復は暑かった。寒かった前半とは様相が一変。
90Km以降キロ5分30秒前後にペースが落ちましたが、
いよいよフィニッシュが近くなってきてもう少しだと
思うようになりました。

8時間10分前後でのフィニッシュは確実と思いましたが、
10分何とかならなかったのかなぁとちょっと残念な気持ちも。

93Km付近で一人のランナーに抜かれました。
ゼッケン番号は2000番台、同年代のランナーです。
あっと思いましたが、ペースが全く違うので
ついて行くこともできず、背中を見送りました。

このときは自分が全体で何位なのか、
年代別で何位なのかまったくわかりませんでした。

実は追い抜いて行ったランナーが年代別1位のランナーでした。
それまで自分が1位だったということです。
もし、わかっていても既に限界に近かったので
何とかなる状況ではないのですが、惜しかったですね。

折り返し後は折り返しに向かうランナーとすれ違います。
皆さん頑張っているように見えました。

ゼッケン番号1のグランドブルーランナーともすれ違いました。
さすがにしっかりと走られていましたね。

ワッカの道を戻り、最後のエイドで水をかぶり、ラスト2Km。

100mくらい前方に女性ランナーが見えました。
70Km手前で私を追い抜いていったランナーです。

かなり厳しい状況らしく時折歩いています。
自分は走っているので追いつくかなと思いましたが
結局追いつけませんでした。

いやその気になれば追いつけたはずです。
でも後ろからその女性ランナーを見ていたら、
抜きに行こうという気にならず、あと少しだから頑張れ、
歩くな走れ、と後方から応援していました。

女性ランナーが最後のコーナーを曲がり、
フィニッシュゲートに向かいます。

自分も10秒ほど遅れて最終コーナーを曲がりました。
フィニッシュゲートが正面に見えます。

100Kmを走りきったランナーだけが味わえる至福の時を迎えました。
前を行く女性ランナーがフィニッシュするのが見えました。

次は自分です。会場のアナウンスが自分のゼッケン番号と
名前を呼ぶのが聞こえました。

ラストスパートはできずゆるいフィニッシュになりましたが
フィニッシュゲートをくぐり、手元の時計を止めました。

8時間9分39秒は自己ベストを20分も更新できました。

Finish後

フィニッシュ後、完走メダルをかけてもらい、写真撮影。
タオルとアイシング用の氷をもらって荷物受取に向かいます。

今どこにいてどうしようとしているのはわかるのですが、
地に足がついていない放心状態に近い状態になっていました。

周りの声や音がよく聞こえません。
100Km走りきったことで感覚が飛んでしまったようです。

ふわっとした空間に自分がいるようでした。
ふらふらと歩いているとコーヒーのサービスがあり、
お願いして1杯いただきました。

クリープと砂糖が入った暖かいコーヒーをもらい、
それを一口飲むとスーッと我に返り、
元の世界に戻ってこれました。

徐々に心地よい解放感と充実感が心を満たし始めます。
荷物を受け取り、ゆっくりと着替えて、自宅にいるあつ姫に連絡。
ランナーズアップデートをチェックしていたらしく
既に完走タイムを知っていました。

しばらくして入賞者の掲示がされたので確認すると
年代別(45~54)の2位に自分の名前がありました。

ウルトラマラソンは今回で3回目ですが、
いずれも年代別2位です。

自分はウルトラマラソンに向いているのかなと思います。
こうなると1位とりたくなりますね。

想定した走りができれば1位になれるとの思いは強くしたので
狙っていきたいと思います。

最後にサロマ湖100Kmウルトラマラソンにかかわった運営スタッフ、
ボランティアの方々、オフィシャルツアー添乗員の方、
一緒に走ったランナー、応援してくれた地域の方々、ブログ村の方々、
そして私の体を気遣い心配しながらも理解し支援し応援してくれる
あつ姫、すべての方々に感謝です。ありがとう。

来年もまたサロマ湖100Kmのスタートラインに立ちたいですね。
もう一度走ってみたいと思わせる素敵なレースでした。

IMG_1355_convert_20120625155127.jpgIMG_1358_convert_20120625155622.jpg

IMG_1357_convert_20120624171433.jpg
IMG_1368_convert_20120625160201.jpgIMG_1360_convert_20120624171524.jpg

スポンサーサイト

クリオ腰ベルト

beltSP.jpg

クリオの腰ベルトです。

箱根駅伝で利用している選手が結構いましたので
ご存知の方も多いかと思います。

腰が安定し、バランス感覚をアップさせるというものですが
価格が8,400円もします。高いですね。
それだけの価値があるかの評価は難しいところです。

私はレースの時、必ずこれを巻いて走ります。
お守りのようなものですね。

効果を実感しているかといわれると、
そんな気がする程度の回答になります。

でもレース開始前にこのベルトをぎゅっと締めると
それだけで士気が高まります。

だからトレーニングのときは使いません。
使うのは気合を入れる必要のあるレースだけです。

駅伝の選手達はシャツの上から巻いてますが、
私は地肌に直接まいてます。

シャツを上にして走っているときは
ベルトが見えないようにしています。

これは恥ずかしいからというのもありますが、
メリットもあります。

<地肌に直接まくメリット>
(1)腹巻代わりになり、おなかが冷えない。冷え性の方には効果あります。
(2)補給食等を取り付けても、シャツで隠せるので目立たない。

先日のサロマ湖100Kmウルトラマラソンのときに装備していたものです。
IMG_1377_convert_20120628233627.jpg

SUPER VAAM顆粒はマジックテープ(オス)をつければ
腰ベルトに直接くっつきます。
IMG_1378_convert_20120628233733.jpg

腰に巻きつけるとこんな感じ。
IMG_1379_convert_20120628233759.jpg

走っているときはシャツで隠します。
IMG_1381_convert_20120628233909.jpg

腰ベルトをポーチ代わりに使えるので一石二鳥です。
デメリットは濡れるとちょっと重くなることくらいです。
しっかりと巻いていれば気になるほどではないと思います。

携帯電話やスマホをベルトを通せるケースに入れてつける
こともできます。結構安定してますよ。

実際にサロマ湖ではデジカメ持って走ろうと思い、
ケースを買って準備したんですが、腰ベルトにつけて走る分
には問題なかったけど走りながら写真撮るのは大変ということが
わかり断念しました。

クリオの腰ベルトは私にとってマラソンレースに欠かせない
装備品になってます。
プロフィール

新横の雅

Author:新横の雅
どこにでもいるメタボおやじが一念発起。50才からダイエットしてランニングを始めて51才でフルマラソン完走。走りに目覚めました。2010年10月52才でサブスリー達成。新横浜在住。トレーニングは日産スタジアム、鶴見川周辺。

Jognote
自己ベスト
1Km:3分24秒
 第368回よこはま月例
 (2011年10月)

5Km:18分1秒
 第371回よこはま月例
 (2012年1月)

10Km:37分51秒
 第21回流山ロードレース
 (2012年10月)

ハーフ:1時間20分25秒
 第36回千葉マリン
 (2012年1月)

フル:2時間46分52秒
 第61回別府大分毎日
 (2012年2月)

100Km:8時間09分39秒
 第27回サロマ湖
 (2012年6月)
最近の結果と今後の予定
2015年1月
 千葉マリン
 (ハーフ) 1:27:41

2015年2月
 青梅
 (30Km) 2:06:08

2015年3月
 静岡
 (フル) 2:56:46

2015年4月
 チャレンジ富士五湖
 (118Km) 10:55:03

2015年6月
 サロマ湖
 (100Km) 8:33:44

2015年10月
 四万十川
 (100Km) 11:25:00

2015年10月
 大阪
 (フル) DNS

2015年11月
 埼玉国際
 (フル) DNS

2015年11月
 大田原
 (フル) DNS

2015年12月
 はだの丹沢水無川
 (ハーフ) DNS

2016年1月
 千葉マリン
 (ハーフ) DNS

2016年2月
 青梅
 (30Km)

2016年3月
 静岡
 (フル)

2016年3月
 横浜
 (フル)

2016年4月
 チャレンジ富士五湖
 (118Km)

2015年6月
 サロマ湖
 (100Km)
検索フォーム
FC2カウンター
ブログランキング
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。