スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【完走記】2011北海道マラソン

<StartLine>

スタート場所の中島公園へはホテル(札幌ガーランドホテル)
から徒歩10分ほど。10時前に着いてスタート地点や荷物預け所を
チェックして公園内の木陰で待機。ランパン、ランシャツ、
帽子なし、ネッククーラー。シューズはスカイセンサーJapan v-a。

10時30分に荷物を預けてトイレに行き、整列開始時刻まで
ストレッチをして体をほぐす。11時20分頃から整列開始。
Aブロックの5列目くらいに座る。スタート時は天候晴れ、
気温28.9度、湿度47%で気温は高いが湿度は低くさわやかな感じ。
そうは言ってもマラソンには厳しいコンディションである。

スタート時刻が近づき招待選手が紹介され、
いよいよ12時10分スタートの号砲。スタートロスは5秒くらい。
スムーズなスタートを切れた。

<0~5Km>

トップランナーはあっという間に遠くに行ってしまい、
しばらくは抜きつ抜かれつの状態だったが中の島通を左折して
平岸通に向かう頃には前後落ち着いてきた。
昨年はここの下りで速過ぎたので意識して抑え目に行く。

<5~10Km>

いつもなら仮想ペーサーを見つけて走るのだが、
なぜか今回は見つけられず1Km毎のガーミンのラップを
確認しながら自分のペースで走った。

この辺からCブロックの速いランナーに抜かれるが
まったくペースが違うのでとてもついていけない。
7.5Km地点でスポンジを2個取り、頭、脇、手足を冷やす。
直接頭を冷やすため今回は帽子なし。首のネッククーラーは
濡れすぎて効果あるのかわからない。

南7条橋を渡り、創成トンネルに入る。
ガーミンは衛星ロスト状態になるのでトンネル内9Km地点では
手動でラップボタンを押す。トンネルを出て10Km地点で
もう一回手動でラップして補正。41分24秒で通過。

<10~15Km>

創成川通を左折して宮の森・北24条通を進む。
左手沿道には多くの人が応援に来てくれていた。
14Kmを58分台で通過。30分/7Kmのサブスリーペースに対して
2分弱の貯金。

<15~20Km>

ずっと道の左側を走っているが、右側は20Km後の走路になる。
昨年は脚が止まってしまった帰りの道だが今年はどうなるか。
まだまだ余裕がある。何としてもサブスリー達成とまでは
思っていなかったが、3時間を切ってフィニッシュする
自分を想像しながら走っていた。

<中間点>

1時間28分台でハーフを通過。前半抑え目を意識して
予定の1時間27分台より若干遅れたがまだまだ余裕あり。
十分サブスリー狙えると思う一方で昨年の失速が
ハーフ以降で始まったことが頭をよぎる。

<20~25Km>

まっすぐで、木陰も無い新川通をひたすら進む。
スポンジの水で体中びっしょりだ。先導パトカーが
右側車線に見えてきた。しばらくしてトップ集団が通過する。
既に彼らは10Km先を走っていることになる。
まだサブスリーペースを維持。

<25~30Km>

25Km通過は1時間45分台。ようやく折り返し地点。
往復13Kmに及ぶ一直線の新川通りは北海道マラソンの難所。
陽射しがさしてきて気温も上昇しているようだ。
昨年より湿度が低いせいか暑さによる体の拒否反応は
でてきていないようだ。30Km通過は2時間6分台。

<30~35Km>

トップランナーとすれ違った地点に来て、右側を見ると
たくさんのランナー達が走っている。ここから折り返し地点
まではまだまだ遠いけどがんばれよと心の中でエールを送ったが、
この辺から脚が動かなくなってきた。
ラップが4分20秒台から4分40秒台に落ちる。ついにKITACA。
昨年よりちょっと遅いけどやっぱりきました。
昨年はあせりましたが、今年は脚は動かなくなっても気持ちは
落ち着いていました。とにかく体を冷やさなくちゃ。

新川通を左折して32.5Km地点のスポンジをとり頭から水をかける。
体中びっしょりになりましたが残念ながら復活せず。
水に濡れてますますペースが落ちた感じ。
35Km通過は2時間29分台となりこのあたりでサブスリーは
あきらめましたが、心は折れてはいませんでした。

<35~40Km>

北海道大学構内に入り、残り4Km。木陰を走れるので復活を
期待したけどかなわず、なるべくペースを落とさないように
我慢することだけ。脚は動かなくなってたけど気持ちは冷静でした。

沿道の声援も耳に入り、多くの声援をもらいながらフィニッシュに
向かう最高の舞台を今自分が走っている。
その現実をしっかり感じていました。自分にとって北海道マラソンは
この気持ちを味わうために存在するといっても言い過ぎではありません。
もう少し颯爽と走れればかっこいいのになとは思いましたが。

<40~42Km>

北大を抜け、JR高架下をくぐり、赤レンガ道庁舎の横を行く。
ペースアップはできないが沿道の声援に後押しされながら走る。
最高の気分。昨年は心に余裕が無くこの感動を味わう余裕は
無かったけど、今年は味わうことができました。

<Finish>

北大通に入り、最後の直線をフィニッシュゲートに向かう。
そして3時間5分12秒でフィニッシュ。

完走メダルをかけてもらい心身共に解放されました。
3時間を切れなかったのは残念でしたが、自然に体と心が
満足感と充実感に満たされていくのを感じながら
手荷物受取り場所にゆっくり歩きます。

手荷物を受取り、更衣テントで場所を確保し落ち着きます。
ソックスを脱いだら両足の薬指に水ぶくれができてました。
ゼッケンのピンで刺して水を抜き絆創膏で手当て。
濡れたウェアを脱いでタオルで体を拭き、着替えをして外に出ました。
暑いけどどこかさわやかな昼下がり。

通りを見ると次々とランナーがフィニッシュ地点に向けて走ってる。
ふと我に返り自宅にいるあつ姫に無事完走を報告。
おみやげにルタオのドゥーブルフロマージュをリクエストされ
帰路につきました。

昨年はハーフを過ぎたあたりで脚が動かなくなりましたが、
今年は30Km付近でした。既に経験済なので心は冷静でしたが
結局有効な対策はなし。単純に水で冷やしてもだめでした。
30Km以降ペースは落ちましたが、なんとか5分以内で走っています。
フィニッシュ時にも体力的には余裕がありそのままのペースなら
まだまだ走れそうでした。後半キロ5分でサブスリー達成するには
前半1時間15分で走る必要がありますが、前半頑張れるときに
頑張って後はなるようになれの玉砕作戦もありかも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

新横の雅

Author:新横の雅
どこにでもいるメタボおやじが一念発起。50才からダイエットしてランニングを始めて51才でフルマラソン完走。走りに目覚めました。2010年10月52才でサブスリー達成。新横浜在住。トレーニングは日産スタジアム、鶴見川周辺。

Jognote
自己ベスト
1Km:3分24秒
 第368回よこはま月例
 (2011年10月)

5Km:18分1秒
 第371回よこはま月例
 (2012年1月)

10Km:37分51秒
 第21回流山ロードレース
 (2012年10月)

ハーフ:1時間20分25秒
 第36回千葉マリン
 (2012年1月)

フル:2時間46分52秒
 第61回別府大分毎日
 (2012年2月)

100Km:8時間09分39秒
 第27回サロマ湖
 (2012年6月)
最近の結果と今後の予定
2015年1月
 千葉マリン
 (ハーフ) 1:27:41

2015年2月
 青梅
 (30Km) 2:06:08

2015年3月
 静岡
 (フル) 2:56:46

2015年4月
 チャレンジ富士五湖
 (118Km) 10:55:03

2015年6月
 サロマ湖
 (100Km) 8:33:44

2015年10月
 四万十川
 (100Km) 11:25:00

2015年10月
 大阪
 (フル) DNS

2015年11月
 埼玉国際
 (フル) DNS

2015年11月
 大田原
 (フル) DNS

2015年12月
 はだの丹沢水無川
 (ハーフ) DNS

2016年1月
 千葉マリン
 (ハーフ) DNS

2016年2月
 青梅
 (30Km)

2016年3月
 静岡
 (フル)

2016年3月
 横浜
 (フル)

2016年4月
 チャレンジ富士五湖
 (118Km)

2015年6月
 サロマ湖
 (100Km)
検索フォーム
FC2カウンター
ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。